ストレス社会で生き抜く術を学ぼう【うつ病は予防出来る】

主な症状と対策

男性看護師

やる気が出ない、人と話す事を避けたくなる。これらはうつ病の症状として考えられるものではあるのですが、一般的な知識だけではそれを判断する事が難しいと言えます。うつ病の診断は主に心療内科などで行なわれるのですがその際にはいくつの症状に該当するのかを確認される事がほとんどです。普段の自分にどのような症状が現れているのかを見直してみましょう。

うつ病になると、朝起きれなくなったり趣味を楽しめなくなったり、疲労に似ているような状態に陥る事があります。ただ疲れているだけだと勘違いして無理を続ける事により症状が悪化してしまうのですが、病院を受診してみなければうつ病に気付く事は少ないと言えるでしょう。頭痛が続いているのに薬を飲んでも改善されない、または夜寝付けなくなった、そのような症状が現れ始めたらうつ病を疑う余地があるでしょう。最近では企業にストレスチェックという制度が義務付けられたため定期的に医師の診察を受ける機会が設けられるようになったのですが、本人が受診を希望せずに発症のリスクに気が付けないという現状があります。勤務時間外の労働、または人間関係で悩むような事が多い場合にはしっかりと診察を受けるようにしましょう。

様々な症状が現れるようになるといよいようつ病の疑いが強まります。考え方にネガティブな要素が多くなる事もうつ病の傾向があるため、一人で抱え込まずに誰かに相談してみる事が大切です。つらそうにしている家族や仕事仲間の変化にはよく気付くものですが、ただの疲労だと勘違いされる事が多いうつ病には目を向ける機会が少ないでしょう。症状が悪化してしまったら社会復帰までにかなりの時間が必要になります。ネット上でも症状のチェックを行なえるサービスが展開されているので、自分の状況を理解するためにはそうしたものを利用してみる事も悪くありません。初期症状に気付く事により効果的な対策を行なえるので、自分自身の変化に気付けるよう日頃から心と体を労ると良いでしょう。