ストレス社会で生き抜く術を学ぼう【うつ病は予防出来る】

うつ病が治るまでの期間

病院

うつ病はれっきとした疾患です。患ってしまったら仕事を休む、または辞めるなどして療養する期間が必要になります。心療内科によるカウンセリングや漢方薬、またはサプリメントなどを用いた治療により改善する事が可能なのですが、その期間は症状の重さや人によって差があります。治療法の効果の現れ方次第では早くて一ヶ月ほどで社会復帰するまでに回復する事は可能です。しかしうつ病は一見治っているように見えていても実はまだ症状が現れるという事もあり、完治ではなくて寛解という言葉が用いられます。おおよそ治療が完了している状態を指すのですが、寛解後にもある一定の期間は治療を続ける必要があるのです。社会に出ても問題がないくらいの状態になるには半年から一年ほどかかるケースがほとんどなので、うつ病はとても重大な疾患だという認識を持つ必要があります。

うつ病の治療はじっくりと進めていく場合がほとんどです。そのため患者の周りの人は長い目で支えてあげる必要があります。治療を受ける本人はもちろん家族や友人の焦りは治療を長引かせる要因になってしまう事があり、症状の改善を妨げる事態に繋がります。長い時間をかけてゆっくり治療する間は絶望感や孤独感に襲われる事もあるので、周りのサポートがとても大切になります。心療内科の医師らと提携しつつ患者を見守る環境を整えると良いでしょう。

うつ病は誰にでも発症する可能性がある疾患なので、もし発症したとしてもその人が悪いわけではありません。普段の自分の生活を見直すだけでも予防効果がありますし、考え方を工夫して上手くストレスを解消する方法を見つける事ができれば気持ちをプラスな方向へ導く事も出来ます。うつ病を発症する人が激増している現在だからこそその存在に向き合う事が大切なのです。健やかな生活を未来に繋げていけるよう、自分自身に起こりうるリスクをどのように回避できるのか真剣に考えると良いでしょう。